FC2ブログ

大股戒次郎・ストリップ感激記 女神達の香盤表

ストリップ初心者向けブログサイト。重いのでTOPページからではなく 「表紙ページ」からアクセスしてください!TOPページからアクセスすると。記事を全部開こうとしてしまい、ナカナカ開かなくなります。表紙ページからだと軽いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

番外編 「ママリンの身の上話」 牧瀬茜・原作舞台 

Ohmataイラスト・文章(転載禁止)    

Ohmata写真・文章(転載禁止)



でもストリップ劇場ではありません。
小演劇シアターです。
くれぐれもお間違えのないよう。 



 
まあ、言うなれば、小さめなライブハウスみたいな感じ。
でも、店内には本棚があり、いろんな本があって(満席のため
手に取って見れなかった。)なかなかオシャレな劇場です。
店長(山口六平さん)が自らテケツにいらっしゃいました。
 
場内の舞台は低く、「乗らないでくださいね」と、
最初に店長に注意されます。
ま、ストリップ客なら、言われなくとも乗らないでしょう。
聖域ですからね。

なにはともあれ、牧瀬茜姐さんが浅草に来てるなら、ここはひとつファンなら
行かねばならないでしょう。踊り子による小演劇ですし、興味はつきません。
出演は踊り子姐さんだけじゃありません。津軽三味線の演奏者の方や
舞台役者の方も出ます。



ちなみに。今回はカブリツキ付近で観てしまったので
メモが取れず、記憶で書いています。
記憶違いがあれば、申し訳ありません。



Ohmata写真(転載禁止) 「ママリンの身の上話」




公演 2013年 2月 (24日・25日・27日)
            3月 (1日・3日・4日・6日)


作・牧瀬茜 姐さん

出演 

渡辺美弥子さん
水野さやかさん 
 (このお二人は舞台で御活躍の役者さん。)

山口六平さん
牧瀬茜姐さん
卯月朱美さん

エイコさん
(津軽三味線演奏者)

結奈美子姐さん
舞鼓さん
MIOさん

演出・山口六平さん


見てのとおり、去年の「アウトブレイク」の時のパターンと同じ
現役引退した元踊り子さんもいらっしゃいます!
卯月朱美さんです!ファンの方はモンドリウッテ喜ぶでしょうね。


★「アウトブレイク」
(関連記事サイト内リンク下記参照)




出演者欄を見て
あれ?結奈美子姐さん、今週は西川口じゃなかったでしたっけ? 
と、思ったら、後半公演には出てませんでした。 
MIOさんも今日は出ていません。3月3日のみの御出演でした。
 

夜19時半、場内は満席です。本当に満席!
大衆の街、浅草とは言え、さすがに近所の木馬館と違い
客層は若い人ばかりです。

若い女性客もたくさんいます。

なるほど・・・女性がストリッパーの踊りを
堂々と見たいなら、こういう時に来るしかないですもんね。
さすがマルチな牧瀬茜姐さんです!いい仕事!
今のところはストリップ劇場に出演はされてませんが
こういう形でストリップを支えようとする牧瀬姐さんの
ストリップ愛をヒシヒシと感じます。

準備が整いました!公演開始です!

まず、最初はエイコさんによる津軽三味線の演奏です。

演奏が終わると、店長(山口六平さん)自ら舞台に立ち、口上を述べます。

口上によるアマノウズメの話です。
店長も役者さんなんですね。いい声です。

店長の背後に踊り子が二人現れます。
アマテラスとアマノウズメです。
アマテラス役は水野さやかさん (脱ぎはないです。)
牧瀬茜姐さんもいます。牧瀬姐さんがアマノウズメ役です。
うん!いいキャスティング!

牧瀬姐さんによるアマノウズメの踊りが展開します。

そして、舞台は変わり、ストリップ劇場になります。
どうやら、都内の小さな小さな劇場のようです。

劇場の名前は浅草らしく「ラ・フランス座」!!

投光役の男性によるおなじみのストリップ小屋のアナウンスがかかります。
そして踊りが始ります。

まず、最初に刺青がエロい”舞妓”さんが踊ります。
 
そして二番目に登場は卯月朱美さんです!

卯月朱美さん、夢二の絵のような演舞。和服で黒猫をなでています。
実は、この黒猫、本物ではありません。ぬいぐるみでもありません。
黒いエリマキを丸めたもの!パッとひらくとエリマキにもどります。
なるほど!

かなり本格的な演舞!観れてよかった!

そして、山口六平さん扮するオカマの炊事のオバちゃんと
元、ストリッパーだった劇場経営者ママリン渡辺美弥子さん)登場。
どうやら、お客さんが少ない模様。人気が無い劇場なんでしょうか?

まさか、それで、ラ・フランス(洋梨)用無し?違うか(笑)

ママリンは経費削減のため 炊事のオバちゃんに肉と野菜抜きの
マカナイを作れと命令します。 オバちゃん困り果てます。


そこへ、みすぼらしい格好の牧瀬姐さん登場。

田舎娘の様ないでたち、黒縁のメガネ。名前は「牧瀬茜」
踊り子なんですけど、地味すぎて炊事のオバちゃん、驚きます。 

牧瀬姐さん(扮する田舎の踊り子・牧瀬茜)は、方言丸出しで
自分はストリッパーであり、仕事で来たと説明しますが
なかなか信じてもらえません。(苦笑)
 
この辺は、ほとんどコントでした。


Ohmata写真(転載禁止)



楽屋、踊り子姐さん達が舞台の準備をしています。
牧瀬姐さんが入ってきます。
牧瀬姐さんを知る姐さん踊り子もいます。多分、巡業先で
会ってるのでしょう。

その時、水野さやかさん(扮する踊り子姐さん)の携帯が鳴ります。

田舎のおじいちゃんが危篤らしいです。

水野さん、ママリンに、急遽休ませてくれと言いますが
トリを勤める水野さんがいなくなると、水野さんを目当てに遠方から
来たお客さんに申し訳ないだろうと、説得され渋々残ります。

実は、水野さん(扮する踊り子姐さん)は親戚一同はおろか
家族にもストリッパーを職業にしているのを秘密にしているのです。

しつこく、母親から電話がかかってきます。母親は
自分が社長に話すから、会社の電話番号を教えろと言います。

適当にごまかして電話を切る水野さん(扮する踊り子姐さん)

ピンチです!でも、プロの踊り子は、やはりステージを捨てて帰れません。

ママリンも「芸人は親の死に目に合えない」というような話をします。

でも、結局、もうどうしてもヤバくなったら帰っていいと約束してくれます。

そして、再び舞台は演舞に入ります。牧瀬姐さんの演舞です!

牧瀬姐さん、メガネっ子田舎娘から一転!美しい踊り子に変身です!
いつもの通りの美しい演舞を魅せてくれます!

このギャップが楽しい!

そして水野さんの演舞。水野さん、本業ではないので脱ぎはありません。
でもトリらしく頑張ります。本当に池袋ミカド劇場あたりで踊ってそうでリアルです!



そして、ママリンの独白になります。



ママリン、若い頃からの経験に基づくストリップ論を語ります 。

この、ストリップ論に、私は大いに同意しました。

私も同じ事を考えて、
このブログを書いているから・・・。


まあ、ぶっちゃけ、私が未だに延々と製作中の
「別枠・ひめさん伝説」で
登場する”キャラクター”が言ってる事と、
同じような考えの言葉を、ここで言ってくれてたんですが

まったく激しく同意しましたよ!

その内容は、いつか、再演される日が来ると信じて、
ここでは記さない事にしましょう。



観劇後の感想としては、まず面白かった!
ストーリーはシンプルで比較的短い公演時間では
あるけど(インターミッションが入らない)
ストリップ小屋の楽屋を覗いたような楽しさ。
そして、現役・引退両方の踊り子の台詞あり演技と演舞。
それらが、他のご出演の舞台役者さん達とタメに張り合う
頼もしさ。あくまでも大衆演劇らしい敷居の低さ。
笑いあり、演舞あり、牧瀬姐さんのストリップ愛あり。

欲を言えば、ママリンが水野さん(扮する踊り子姐さん)を
田舎に送り出すシーンも欲しかったかな?

「今日も頑張ったね!お客さん、み~んな満足そうな顔してたよ!
さすがプロだね!さあ早く行っといで!衣装は置いてきな!
連絡くれれば送るから!」

・・・みたいに。(^^)

そうすればヨリ、浅草らしい人情喜劇になったかも?

とにかく!いいもの観させて頂きましたー!
ありがとうございます!


て、皆さんもいつか、お金とお暇があれば今回のような
踊り子による演劇を観て見るのもいいかなと思います。

踊り子姐さん方の、いつもと少し違う一面が見られるはずです。

ちなみに4月も牧瀬姐さんは別内容で「浅草リトルシアター」に出演します。

詳しくは劇場ホームページ等でお調べください。



牧瀬茜姐さんスケジュールは
牧瀬姐さんのブログ
「続・週刊牧瀬」でもチェックできます。


余談

浅草でストリップ劇場はロック座だけですが、
演芸・大衆芸能の劇場は以下の劇場があります。

浅草演芸ホール
浅草フランス座演芸場東洋館
木馬館・木馬亭
よしもと浅草花月
昭和歌謡コシダカシアター(シアターレストラン)


ちなみにストリートビューで
浅草リトルシアターを見ると、看板が現在のと全然違います。
御注意くださいね。

そうそう、ストリートビューでは、映画館(浅草中央劇場)が
まだ写っていますね。浅草中央劇場はHPだけ、一応まだ残ってるようです。
ストリートビューではロック座に
コムちゃんの「デンジャラスストリッパー」のポスター
が、うっすら確認できます。(2013年3月7日現在)

こうしてみると、浅草はまだまだ大衆の街だけど
映画館だけは完全に消えてしまいましたね~!残念だなぁー。
浅草中央劇場・・・ネズミが走るションベン臭い映画館だったけど
何度か数回程度だけど、出かけたっけな~。
コムちゃんが浅草デビューした時、裏のポルノ映画館で
ストリッパーが主人公のピンク映画を上映してたのが
露骨な便乗で可笑しかった。(苦笑)


UP日 2013 03・07




関連記事
特別編 アウトブレイク 続きを読む


ストリップ初心者向けサイト「女神達の香盤表」ページTOP に戻る。
 
次記事
幕間4・閉館したストリップ劇場の再生。

水城奈緒 ストリップ デビュー初日 最終回観劇 プチレポート 新宿ニューアート・新人デビューに立ち会えた夜。


FC2のスポンサーリンクは、自動的に表示されて
しまうものです。当サイトの管理者の
意思とは関係なく、やもうえずあるだけであり、
当ブログサイト管理者が薦めるものではありません。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2012/08/26(日) 08:20:25|
  2. 番外編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。