FC2ブログ

大股戒次郎・ストリップ感激記 女神達の香盤表

ストリップ初心者向けブログサイト。重いのでTOPページからではなく 「表紙ページ」からアクセスしてください!TOPページからアクセスすると。記事を全部開こうとしてしまい、ナカナカ開かなくなります。表紙ページからだと軽いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月もひめちゃん動画上映感謝・浅草ロック座ヌーヴェルエクスペリアンス駆け足感想


ストリップ初心者向けサイト「女神達の香盤表」ページTOP
にもどる。



ひめちゃん動画3回連続上映感謝!

12月もひめちゃんの登場する幕間動画を
上映してくれてる浅草ロック座に大感謝!
浅草ロック座ヌーヴェルエクスペリアンス
駆け足感想!

(記事内で紹介している他のサイトを見るのは、あくまでも御自身の自主判断で
 お願いします。)




Ohmata文章(転載禁止)  


ア・イマ・ロックザ・・・。ネエチャンガ・ハダカニナッテル。 
 浅草ロック座マナー動画より

★参考動画YOUTUBEより (懐メロ)
竹山逸郎/服部富子
Ohmata文章(転載禁止)


動画に問題あれば削除します。 ★



↑この姐さん達も昔のロック座の踊り子姐さん方だそうで、
中央で姐さん方に囲まれてニヤけてるメガネのおっちゃんが
永井荷風先生ね。 

荷風先生の写真はこちらにも
本の話(文芸春秋)
http://hon.bunshun.jp/articles/-/526
荷風先生、デレデレです。(笑)
この↑”本の話”の掲載写真の注目は荷風先生の右手!
踊り子と写真を撮ると、みんなこんな顔になります。
いや、本当。(笑)

ある意味”合ポラの”元祖ですね。(笑)

関連記事
2012年1月浅草ロック座正月興行 坂口安吾に観てほしいストリップ。


デアボロってなんでしょうね。
 
浅草オペラの人気歌手田谷力三さん(通称"デンリキ”)の持ち歌に
「ディアボロの歌」 というのがあるので、それの事かもしれない。 


YOUTUBE 「ディアボロの歌」
http://www.youtube.com/watch?v=mxvMHeQM5gY


浅草オペラとは西洋のオぺラを庶民的にしたもの。関東大震災で
衰退したが、浅草にレビューなどを残したきっかけになったとかなんとか。
大正時代中期に全盛だった

”トチチリチン”は、「浅草オペラ」でのヒット曲 「ベアトリ姉ちゃん」の歌詞、
”歌はトチチリチン・トチチリチン♪” のトチチリチンでしょう。
だから、「トチチリチンのねえちゃん」とは
”君は懐かしい流行歌を覚えてるかい?”という
事でしょうね。

「ベアトリ姉ちゃん」とは女性名「ベアトリーチェ」のことだけど、ダンテの「神曲」に
出てくる同名の女性の事ではなく、オペラ「ボッカチオ」に出てくる床屋の妻の事。
・・・だそうです。いや、「ダンテ」なんて永井豪先生の、漫画しか知らないけどさ。(苦)

Y
OUTUBE 「ベアトリ姉ちゃん」
http://www.youtube.com/watch?v=uHjFJZa1W2M



「浅草の肌」が出た昭和25年は日本中が貧しかったはずなので、多少、懐古的になってると
いう事でしょう。 もちろんロック座はもうありました、有楽町には日劇ミュージックホールの
前身の「日劇小劇場」も ありました。


関連記事
伝説の劇場「日劇ミュージックホール」失われた大劇場と現代のストリップ



動画の中にちらりと出てくるポスターの中の「ブべ・ダンサント」は
エノケンらが参加していた劇団。

「金曜の夜は踊り子がズロースを落とす」なんて噂されたそうです。 (デマだったらしいけど)

歌中の瓢箪池(ひょうたんいけ)とはかつて六区にあった池の事。
今の浅草ウインズが その跡地に建っている。

つまり、かつて浅草ロック座の真ん前は池だったのです


下記のサイトがくわしい。 ↓


(他のサイトを見るのは、あくまでも御自身の自主判断で
 お願いします。)

和31年浅草 あの頃みんな貧しかった
当時のロック座が遠くに見える写真が2枚アリ。
http://www.edo.net/edo/asakusa/s31web/index.html
浅草年表
http://www.edo.net/edo/asakusa/09rekisi/nen05.html 

↑この年表で注目は昭和21年のところ。
「浅草寺境内と疎開興行館の跡地で女体を見せる興行あり、
 これがストリップの先駆けとなる」と書いてある。
新宿帝都座で「額縁ショー」が始まったのは昭和22年正月だから
この年表どおりなら、浅草こそ戦後日本ストリップ芸能の
はじまりの場所という事になりますね。

水上バス⇒昔名「一銭蒸気」・・・もいいですな。

して、これが旧ロック座!
注目は英字看板がROCKじゃない!
”六区”のローマ字!?入場料も違う!
朝日新聞
http://www.asahi.com/photonews/gallery/20120522asakusa/asakusa38.html  
個人的にはこっちの建物の方が好きだったりするんですけどね(苦笑)
ロック座の向こうにあるのは「浅草花月劇場」(現在の”よしもと浅草花月”)でしょうか?
現在は別の場所でやってるみたいですね。


なんで、浅草オペラの話なんてするのか・・・
それは最後にわかります。

余談   

浅草と言えば神谷バー!いつの間にやら2011年に国の登録有形文化財に登録されたとか。 




Ohmata文章(転載禁止)  



篠崎ひめちゃんの多分、本当に本当に
これが最後になるであろう動画を見せてくれた
浅草ロック座に感謝の意を込めて、

駆け足ですが、 私が今回とても印象に残った景の
感想を 書いてみようと思います。
久しぶりです。

そして、ひめちゃん幕間動画についても
お粗末短文ながら書いてみます。

日本ストリップ芸能界2012年
冬の大三角の頂点!我等が浅草ロック座!

ではどうぞ!

まずは

2012年12月10日/燈刻 浅草ロック座



Ohmata文章(転載禁止)   


Ohmata写真(転載禁止) 











まずは矢沢ようこ姐さん、
15周年おめでとうございます!
写真集買いました。
ライターもいただきました。(^^)
お姉様はお元気ですか?
(お姉様の舞台は観た事ありませんが・・・。)

Ohmataイラスト(転載禁止)

お姉さまの藤森加奈子さんも元ストリッパー
 (なんだか、伝説の花岡舞と”逆転ストリップ”で有名な
 星ひかるの伝説の姉妹ストリッパーの様だなぁ・・・)


1景



Ohmata文章(転載禁止)Ohmataイラスト(転載禁止) 




というわけで・・・

矢沢ようこ姐さん扮する
某映画のオトボケ警部風キャラのコスプレと
叶咲ゆめ姐さんの桃色ニャンコ科某キャラコスプレおねぇちゃん”との
追いかけっこから始る本公演。

まずは矢沢ねえさんがトレンチコートに虫眼鏡をもつて
なにやら捜査中。

そこへゆめ姐さんの桃色ニャンコ科某キャラ登場。

追いかける矢沢姐さん。

本舞台にはシルエット用舞台幕。 
幕の向こうに踊り子達の影。

誘惑するようなシルエットダンス!

その中には矢沢姐さんのオトボケキャラの影も!オドけて踊る矢沢姐さん。

矢沢姐さんのオトボケキャラとゆめ姐さんのニャンコ科某キャラ、
再び登場。

矢沢さん姐さんのオトボケキャラ、ゆめさんのニャンコ科某キャラ
に翻弄されて、結局ヘコへコと退散。

でも、そこはベテラン!

そんなオトボケキャラでも
安心して見られるコメディエンヌぶり!
4景のソロとのギャップも楽しい。



Ohmataイラスト・文章(転載禁止) 

単に私が好きな曲YOUTUBEより
断じて舞台で使用された
曲ではありません。
「江戸の黒豹」 

コレジャナ~イ!
でも、スッギーのシャウトする歌い方が
かっこいいぜ!ひょおおっ!

でも、次回、観劇しに行った時
この曲にすり替わってたら
面白いかも(笑)

動画に問題あれば削除します。
★ 



そんなコメディエンヌぶりを発揮した楽しい矢沢姐さん。

ただ
、ギャップがありすぎて
新規さんや一見さんが矢沢姐さんだと気が付いてくれるかどうか・・・
・・・そこが心配。

今回のオヤジキャラは仕方ないけど

「踊り子さんは同一人物ですよ~
ギャップが、ワ~ォで、めっちゃ
エロエロさんでしょぉ~」

・・・的な、”関連性”をもっと強くした演出の方が
より、矢沢姐さんの魅力が出せるかな・・・と感じました。


例えば・・・・

最初に出てきた冴えない受付嬢が
別の景で、踊りだしたら
凄ぇ、
エロエロ!

・・・みたいな・・・。 

え?なんで受付嬢かって?

意味はありましぇん!(笑)

で、やがて叶咲ゆめ姐さんの
ソロになるわけですが・・・。


ごめんなさい!

いえ、振り付けがどうのじゃないんです。


私は過去、片足の小指の爪の先っぽだけちっとプロの世界に
フワッとさわった事があるせいか、今回の1景とフィナーレの

”いくらなんでも人数多すぎますよ!某アニメ風コスプレ美女のみなさん!(笑)

・・・のような版権カラミーな舞台は怖くて
これ以上詳細なレビューは書けません。(笑) 

Ohmataイラスト(転載禁止) 

てか・・・これじゃ猫ですね(笑)↑ てかてか、こんな衣装じゃないですからね。


余談ですが上にかいてある星ひかるさん(元”道頓堀劇場”専属)の
「逆転ストリップ」とは、

「全裸で登場して徐々に服を着ていく」

・・・というものだったらしい。

もちろん、随分前の方なので舞台は観ていませんが
お姐さんでストリッパーの花岡舞さんとの”姉妹レズストリップ”の
記録ビデオは観ています。

ややこしい事に元ロック座専属に「ほしのひかる」さんがいるけど別人さん。  



Ohmata文章(転載禁止) 

 YOUTUBEより

   動画に問題あれば削除します。

Ohmataイラスト(転載禁止)   



2景と3景  
 

順番逆転ですが、2景の前に
まず3景から感想を書かせてください・・・。



今回の公演の”部分キーワード”に「宮澤賢治」が
あります。
要は去年の公演「イーハトーブ」と地続きと言う事らしいですね。
一部の演舞だけではありますが「ミヤザワケンジ」が
見え隠れしているのです。 そこをメインに感想などを続けます。


3景は3人チームダンス。

メインは間宮純姐さん。それに鈴木ミントちゃん姐さんと
叶咲ゆめ姐さんの二人を合わせたチームダンス。

赤青その他 極彩色な 黒基調のスケスケポンチョ
(略してスケポン(嘘))を
着て「星めぐりの歌」をBGMに可愛らしく 踊ります。



単に私が好きな曲YOUTUBEより
舞台で使用されたものではありません。
「銀河鉄道の夜 ファイナルテーマ」
細野晴臣

動画に問題あれば削除します。 


Ohmataイラスト(転載禁止) 



参考動画YOUTUBEより
「星めぐりの歌」
舞台で使用されたものではありません。
舞台で使用されたのは、もっとポップで明るいものです。


動画に問題あれば削除します。
Ohmataイラスト(転載禁止)Ohmataイラスト・文章(転載禁止)

イラストは実際の舞台衣装、振り付けとは異なります。

れはまるで、三人の 「少女」が星明かりの下に飛び出して、
楽しそうに踊る様なイメージで、可愛らしくも幻想的な演舞でした。


”宮澤賢治と性”という、かみ合わないようなイメージですが
星夜の祭で戯れた三人の処女が、やがて性に目覚めていく
というストーリーを妄想すれば、とてもファンタジックな気が
いたします。

こう言ったらなんですが、間宮ちゃん姐さんが少し
田舎娘のような素朴な感じに見えて、
微笑ましくも奇妙な浮世離れした演舞に、
どこか地に足が着いた感覚を覚えさせ、
演舞に深みを与えていたような気がします。

個人的にはこの3人を語り部に
オムニバスストーリーのような本格的な

「ストリップオペラ」 (笑)

・・・
が観たいですね。 



ちなみにこの歌に出てくる「赤い目玉のサソリ」はアンタレス
「青い目玉の子犬」はシリウス
「へびのとぐろ」はりゅう座の事だそうで
この3景に3人の「処女」が出てくるのは、それをあらわしているのか
はたまた偶然か、それは私にはわかりません。 

関係ありませんが、上の動画中に「ゴメイサ」という名の星が出てるのですが
「微かなもの・涙ぐんでいるもの」という意味があるそうです。  




Ohmataイラスト(転載禁止)



そして戻りまして
2景の感想です。

メインは上田結舞姐さん。
                  UEDA YUMA 


どうやら、今回の出演は急遽決まったそうで、そのおかげで
3回連続

ひめちゃんの出ている動画を中休みに観る事が
出来ました。


今回は沙羅姐さん等をバックダンサーに、渋谷の街に屯する無軌道な
若者グループの一人という設定でしょうか。


背景動画に山手線?の車窓動画。
そして舞台に疲れたように座り込む不良グループの娘達。


上田姐さん、7月の公演のかわいい感じとは正反対に社会に
爪弾きにされた若者を舞台で表現しています。

不良のはずなのに、どこかなりきれない感じが、逆に背景ドラマが
あるかのようなキャラクターになっています。

そもそもキャラクターとは、その演じる人の、その人なりの存在感が
「人物背景」を語る上で重要なわけで、地が不良っぽくないお嬢様ルックスの
上田さんは、逆説的に、このキャラにピッタリかもと感じました。

そして、ここではさりげなく背後にいる沙羅姐さんが名脇役です。
まるで、主人公の良き理解者の姉御のようです。

どうやら渋谷が舞台のようですね。都会に翻弄され
それでも自分らしさを失わまいと、己の体の感触を確かめるために
欲望に身を任せ、汚れていく・・・そんな上田さんのベッドが
愛おしく見えてきます。


ところで先記にも書いたとおり、今回の公演のキーワードに「宮沢賢治」があります。

今回の演舞すべてに「宮沢賢治」は当てはまりませんし
無理に当てはめると宮澤賢治読者から反感をもらいそうな気がするので
不安ですが、宮沢賢治の詩の一説にこんなのを見つけました。 


Ohmataイラスト(転載禁止)  イラストは実際の舞台衣装、振り付けとは異なります。  

   



『春と修羅』より一部抜粋

宮澤賢治

山を下る電車の奔り
もし車の外に立ったらはねとばされる
 山へ行って木をきったものは
  どうしても帰るときは肩身がせまい
  (ああもろもろの徳は善逝(スガタ)から来て
   そしてスガタにいたるのです)

     腕を組み暗い貨物電車の壁による少年よ
  この籠で今朝鶏を持って行ったのに
それが売れてこんどは持って戻らないのか
  そのまっ青な夜のそば畑のうつくしさ
    電燈に照らされたそばの畑を見たことがありますか

     市民諸君よ
  おおきやうだい これはおまへの感情だな
市民諸君よなんてふざけたものの云ひやうをするな
 東京はいま生きるか死ぬかの堺なのだ 
  見たまへこの電車だって
   軌道から青い火花をあげ
    もう蝎かドラゴかもわからず
       一心に走ってゐるのだ  


Ohmata写真(転載禁止) 

 
スガタ=善逝(ぜんぜい)=煩悩を断り悟りの彼岸に去った者と言う意味 


蝎= さそり

ドラゴ=ラテン語でドラゴンを draco と書くらしいが、そこからきたのだろうか?




この上田結舞さんの2景演舞の後に
先記した間宮さんの3景演舞があったんです。
 
そして結舞さん、今回が今年最後の踊り納め。
来年、またがんばってくださいね!


今回はどうしても間宮さんの「星めぐり・・・」の
方の絵を先に載せたかったので、順番逆転になりました。
すいません。  

Ohmataイラスト(転載禁止)   

私は宮澤賢治には詳しくないが、宮沢賢治は童貞だったと思われているとかで、ただし

賢治の知人による証言では

「一関の花川戸という遊郭へ登楼してきたといって、ニコニコ笑って話しました」

と、賢治が話したらしい事が残っているらしく、

また、賢治は友人に

「(中略)一瞬のほほえみだけでいいんだ。底まで汲みほさなくてもいいんだ。(以下略)」

と、話していたとかで、案外、宮澤賢治の時代にストリップがあれば、宮澤賢治も一度は出かけてたかもしれませんね。
 
賢治が今の浅草ロック座の舞台や浅葱アゲハあたりの舞台を観たら、なんと言うだろう・・・。


関連記事 (浅葱アゲハさん)
浅草ロック座 さんへのリクエスト。大股戒次郎の独り言

 

ちなみに上の「花川戸遊郭」は岩手だけど、

浅草にも同名の地名があって、ただしそちらは遊郭では

なくて履物問屋街として有名だったそうです。

そして岩手の方の花川戸は昭和23年カスリーン台風による

悲しい天災があった。

それはここでは触れずにおきます。

いつか、このカスリーン台風で被害にあった遊郭の物語を描きたいな。

時期的にはまだダメですけど・・・。 



Ohmataイラスト(転載禁止) 
4景

4景トリは矢沢姐さん

最初のコメディエンヌぶりは、どこへやらな艶っぽさ!
暗い本舞台にポツネンとある紅いソファに横たわる
矢沢ねえさんが観客を誘惑する様に、しかしエレガントに舞う。
クレイジーホースパリっぽいと言われる景ですが、たしかにそうなんですが、
私、世代的にはBGM が少しだけ”エマニュエル夫人”や”個人教授”とか
そんな感じの 昔の”洋物・筆おろし映画”を想起させるBGMで、そんなとこに
ぐぐぐぐうぐぐぐぐううううっと来たりしました。  


実は矢沢ようこ姐さんと沙羅姐さん白石美咲姐さんの
イラストも描いてみたのですが、いくらなんでも
全部描くのはどうだろうと、考え直して
掲載をやめました。



最近の夢は公式でロック座のイラストを描かせてもらうこと・・・。ダメかなぁ・・・。


参考動画YOUTUBEより
舞台で使用された
曲ではありません。
「個人教授」サントラ (フランシス・レイ) 
 
La Lecon Particuliere(1968)
 - Theme De La Lecon Particuliere


動画に問題あれば削除します。

昔、流行った「童貞少年が”年上の憧れのネーちゃん”にロマンチックにイロイロしてもらう」
ま、そんなのが、いわゆる「筆おろし映画」です。
それも廃れてくると「同世代?のかわいこちゃんとあんなことやこんなことを孤島でする」
「青い珊瑚礁」とか「グローイングアップ」とかが出て来たわけだ。
そういえば最近は映画の世界にはこういう上品なエロスが無いな。 



この4景から6景色の白石美咲姐さんの景まで、
とりあえず「宮澤賢治」は、フェードアウトしてたようですね。

Ohmataイラスト(転載禁止) 


そして!中休み幕間動画上映! 

恒例の幕間動画
上田結舞姐さんの舞台の動画に
ひめちゃんが出てた!
(詳しくは下記の関連記事リンクで・・・ )
関連記事
浅草ロック座で再び篠崎ひめちゃんが登場する幕間動画が上映中

そして、少し話は飛びますが
現在の
12月30日までの公演中の幕間動画上映にも
この7月の公演フィナーレが入っていて、
ひめちゃんが、バ~ッチリ写ってる!

 Ohmataイラスト(転載禁止)
この衣装でのフィナーレね。

さらに動画ラストの映画のエンドクレジット?
みたいな出演舞姫名クレジットにも、
ちゃ~んとひめちゃんの名がある!

もうね、熱くなりましたよ。

ほんの数秒程度だけどね・・・
年内、ひめちゃんが観られるのは
嬉しいじゃないですか。

ロック座さん!本当にありがとう! 

なにより・・・
Ohmataイラスト・文章(転載禁止) 
7月の公演は最高の思い出になったよ!
もちろん、道頓堀も東洋も大和もTSもDXも川崎も!
永遠に忘れないよ!
今にして思うと上田結舞姐さん、ai姐さんも
ひめちゃんとチームで踊るなんて二度とない、
いい経験したんだなぁ・・・。そりゃ、ai姐さん泣くわな。

関連記事 
 「篠崎ひめの香盤表」  追記記事 2012年10月31日・浅草ロック座

篠崎ひめ 2012年7月1日 浅草ロック座

篠崎ひめ  浅草ロック座 2012年7月31日 「篠崎ひめの香盤表」

Ohmataイラスト(転載禁止) 

話は戻りまして・・・再び演舞の話へ。
5景です!


5景



沙羅姐さん

この人の演舞に文句言うような人は
いないと思います。それほどの艶っぽさ!
何を書けというんです!私はこの人の
演舞を文字にするスキルはありません!
日本人にしか出せない情感ある艶!
そんな艶を観たけりゃ沙羅姐さんを観よう
と、言いたい!

そんな沙羅姐さん、来年も新春一発目から浅草出演です。


6景


白石美咲姐さん

2010年2月にデビューされた一応AVさんの舞姫姐さんです。トリのミントちゃん姐さんの
後輩にあたるような踊り子さんですね。でも、2年ほどの踊り子さんとは思えない
堂々たる舞!ロック座も新星が育ってるんだなぁとホッとしました。



そういえば、先に書いた
叶咲ゆめ姐さんも
今年3月にデビュー されたばかりの姐さんでしたね。
間宮純姐さんも今年5月のデビュー新星。
上田結舞姐さんも2011年2月のデビューでしたね。
つまり、今回、ベテランは矢沢姐さんと沙羅姐さんの
二人だけ!

今年は2月の仙葉さんからはじまった”引退続出年”と化した
一年だったわけですが、その「最初になった場」だったロック座が
新星への期待を込めて?・・・親心いっぱいの舞台・・・

「あなた達に期待してるよ・・・」・・・と、いう・・・。

今回は、そんな公演だったという事ですかねェ・・・。



Ohmataイラスト(転載禁止) 
 




そしていよいよ新星?鈴木ミントちゃん姐さんの
トリです!

私はミントちゃん姐さんは、これが初観劇です。
・・・の、はずです。(汗)


ミントちゃんは2009年新宿ニューアートでデビュー。一応AVさんです。
3年間場数を踏んできた分、 ダンスに堂々たる力強さがあり 、地に足が着いてる
気がして、演舞鑑賞に安心感というか、信頼感を感じましたよぉ~!凄いです!

なによりミントちゃん姐さん、可愛いですね~。

さて・・・
舞台はアラビアンナイトの世界。ミントちゃん姐さん扮するのは
シェへラザード。

ダンスはボリウッドダンス?でしょうか?

ミントちゃん姐さんのブログによると、実はちゃんと
ストーリーがあったそうです。


ボリウッドダンスってこんな感じ。
参考動画YOUTUBEより
海外からの投稿です御了承の上再生ください。


This movie has nothing to do with the striptease.
This is for reference.
埋め込んだ動画に問題あれば削除します。 To remove if requested.



前半、本舞台のセットの扉を自ら開け、沙羅姐さんを迎える。
沙羅姐さんが飛び出して、軽やかに踊る。
少しだけ、先輩の胸を借りるかのようだ。

そして、ミントちゃん姐さんのソロ。
いよいよベット入り。


どちらかといえば、背も小さめで、(でも、ロリではない)
全体的に平均的な 日本人の若い娘テイストな
ミントちゃん姐さんだけど、

そんな 「普通の可愛い女の子」が、
今、踊神に大盆初トリを祝福されている・・・。
とでもいうか・・・


そう、浅草の大盆の輝きには「踊神」が
宿っているのです! 

  


  Ohmata写真(転載禁止)


踊り神の祝福の下、一人の新星?の栄えある「大盆初トリ」を観れたのは
大変に光栄で感動的な体験でした。 

欲を言えば今回の舞台ではベリーダンスなんかもしてほしかったけど、
まあそれは 私個人的なアレだからいいとして、
これからさらに、ロック座だけでなく 例えば東洋ショーのAVさん先輩である
水元ゆうな姐さん、そして ミントちゃんが今年1月にライブシアター栗橋で共演した
超ベテランの御幸奈々姐さん等の舞台からもガンガン学んでほしいでっす。 


 


単に私が好きな曲YOUTUBEより
舞台で使用された
曲ではありません。
舞台の曲は
全然コレとはイメージが
違います。
「銀河鉄道の夜」
”ケンタウルスの星祭り”
細野晴臣

海外からの投稿です。ご了承の上再生ください。


動画に問題あれば削除します。



Ohmataイラスト(転載禁止)Ohmataイラスト・文章(転載禁止)  イラストは実際の舞台衣装、振り付けとは異なります。  

 

宮澤賢治の愛読書の中には、アラビアンナイトもあったみたいですね。    
 

ところで、中には

「ストリップに宮澤賢治とはけしからん!
大体、宮澤賢治と浅草なんて関係ないだろう!」

と、憤怒する方もいらっしゃるんじゃないでしょうか・・・?

しかし、実は・・・・

宮澤賢治は浅草オペラの
大ファンだったそうです。
  

 浅草オペラのファンの事を「ぺラゴロ」と呼ばれていたそうで、
ぺラはオペラのペラ、ゴロはゴロつき?のゴロ。
早い話が”マニア”です。(苦笑) 


もしも、宮澤賢治が天国で今回の公演や
「イーハトーブ」を 知ったら・・・
苦笑いしするかもしれませんね。

じつは今年、こんな展覧会があったそうです。
HP「デイックの本棚」さんより
浅草オペラの時代展
http://blog.livedoor.jp/dick21/archives/52064848.html


★参考動画YOUTUBEより
「おてくさん」
浅草オペラです。ストリップとは関係ありません。
参考までにUPしました。
 


動画に問題あれば削除します。



今年は引退が続いたストリップ界。
来年はロック座にも新人がデビューします。

冬が終われば”ロック”にも春が来る来る・・・
業界にも・・・♪。

は、お話の続きは”股”明日・・・。
                                              (大和ミュージックか!)

Ohmataイラスト(転載禁止) 



ハイ!というわけで明日はコッチだ!
ここからは12月11日の事を書きますよー!
かなり重い文章が待ち受けてるので
覚悟して読んでください(苦笑)


Ohmata文章(転載禁止) 


出演
清水愛・瀬能優・桜ひめの(引退)・伊沢千夏・MIKA・水野美香・小向美奈子

以上7人の姐さん方。

12月11日 ショート感想 
燈刻・浅草ロック座
初日最終回観劇。

今回は前回と違い、新星はほとんどいません。MIKAさんくらいでしょう。
今回は桜ひめの姐さんの引退興行でもあります。

驚いたのは、全員の振り付けとBGMが前回とほぼ同じ!
つまり、12月10日までの振り付けと同じ!

私も、そこそこロックに通ってますが、
こういうのは初めてでした。
前にあった?私が知らないだけ?
 
これは「振り移し」って奴だそうで

この言葉、実はバレエや宝塚で使用される「業界用語」だそうで、
いうなれば、

「振り付け師によって振りつけれた演舞を
先に覚えた踊り子が別の踊り子に教える」

・・・というような意味だそう。

宝塚では、完璧に振り付けを覚えていても、「振り移し」でもう一度
教えてもらうそうです。踊った人でないとわからないことが
いろいろあるからだとか・・・。なるほど、なるほど・・・。

でも、もしかしたらストリップの世界では少し使われ方が違う~・・・なんて
事もあったりするかもしれませんね。「リメイクする・・・」みたいな・・・。
まあ、よくわかりませんが・・・。

ただ、思うに、これって、前回のと今回のを、たて続けに観た人でないと
わからないのでは・・・?

この辺、ロック座も、前もって、「今回はこんな感じでいきますよ~」
というPRをしておくべきだったのではないでしょうか?もったいない!
面白い趣向なのに!





さて・・・あえてここでは
小向コムちゃんについて書いてみましょう。

題して・・・
コムちゃんへ・・・


雑文
小向美奈子 コムちゃんへ・・・ 



実を言うと、私、コムちゃんの前回の「浜劇」公演も観ています。
あれは例の東洋ショー摘発があった数日後です。

池袋ミカド劇場での早瀬みな姐さんのミカドでのラストステージ週の
ついでに、ハマにもヨッテ見ることにしました。

西方の大盆である「東洋ショー」が摘発され、なんとなくコムちゃんが
気になったのです。

まあ、ぶっちゃけ、なんにも問題はなかったんですけどね(笑)

コムちゃんは2個出し(演目をふたつやる事)

一個めは例の新宿ニューアートでも東洋でもやってたおなじみの日舞。
2個目はかなり激しく踊るダンサブルな洋舞物。

それがなかなかサクサク動いていい感じ。

「あれ?コムちゃん、なんだ、結構踊れるじゃんか!」

そう、思ったのは私だけではなかった模様。

ポラの時に「2個目がよかったよ」と声をかける観客も・・・

すると、コムちゃん、凄い勢いで無言で首を振ります。
髪の毛がブンブン揺れて乱れてます。
いつものアケラカンとした感じのあの娘の
感じと違う、表情が真剣で大真面目な表情。

どうやら2個目は即興だったらしい・・・。


そう聞くと「なんだ即興かよ」と、思う人もいるでしょう。


でも、私は逆に「へえ~」と関心しました。
即興はリスクが大きいから。

本当にヤル気がないなら、いつもの「出し物」をダラダラやればいいわけだし
コムちゃんなりに「これじゃダメだ!」と思ったからなんだろうなと・・・
そこは、凄い勢いで首を振るコムちゃんの表情から読み取れました。

もしも、ハマで、「いつもの出し物」ひとつだけで通してたら
さすがに私も、ガッカリしてたかもしれない・・・。 

あの、「いつもの出し物の日舞」は、いわば・・・

「ロック座風にキレイに見せなきゃいけない」振り付け

・・・であるわけで、

ハマで見せてくれた「即興」は、

本人の無意識下の

「あたし」

・・・・の片鱗が

出ていたような気がします。


どんな職業でも、あることだと思いますが、
ある日ある時、予期せぬ時に、急にポカンと

「なにか」

・・・が降りてきて
漠然とだけど、なにか
をつかんで、そこから急に変わる
ってことがあると思うんです。

「迷える新人時代」
・・・ってあるでしょ?

踊り子「小向美奈子」は、その
「なにか」が降りてくるのが遅いタイプの
踊り子なのかもしれない・・・

そして ハマでの「これじゃダメだ!」は
今回の公演で、さらにハッキリと
見せてくれたと考えていいと思います。

今回は前回の、素晴らしかった、ミントちゃん姐さんと、ほぼ同じ振り付け。
多少、お得意のポーズなども入り込むものの、

今回初めて「他と比べられる振り付け」にチャレンジ。
これは劇場の「おまえ、やってみろ」という親心なのかもしれませんが
コムちゃんからすればチャレンジングでしょう。

そして今回はじめて、「オツンパ・ダウ~ン」を して
スルスルぐぐぐ~っとこっちをむいたコムちゃんを観て、
(なんとなく2009年のオッパイ・ボ~ンと同じタイミングっぽい)

私は・・・ 


その時の、なんともいえない表情に
ちゃんとコムちゃんなりに考えてストリップに向き合っているんだなと
・・・そんな感じを受けました。 

とりあえず今回は、コムちゃんの踊り子として新たな門出だった気するので
踏ん張れよと言ってあげたい。

もちろん、私も少々苦言めいた事を言えば、まだまだ、なにかが足りないね~
とは思います。到底100点ではありません。

お客さんは高いお金を払って劇場に来るので、
厳しい意見が出るのもよくわかります。
いや、逆に言うと、同意すらします。


でも、あの2009年6月の千秋楽、舞台挨拶・・・・


盆の上で光を浴びて、観客の拍手を浴びていたコムちゃんを
思い出すと、胸が熱くなるんです。

なぜかと言うと・・・

アレは、一人の落ちた女の・・・ いえ、
ドン詰まりの女の・・・
人生の再生の瞬間だった
からです!

今、世の中には先行きが見えず、不安で悩んでる人も多い。

Ohmataイラスト(転載禁止)




大げさと思われるかもしれませんが、私は、そんな人たちが
ほんの少しかもしれませんが、足を止めるきっかけになるのが、

「でも、あの、小向美奈子もやりなおせたんだよな。
何か、方法があるのかもしれない」

と、思うことかもしれない・・・と思うんです。 

馬鹿みたいな事言うなぁと言われるかもしれませんけどね・・・。 
 
もちろん、例のマニラ行きという、「期待はずれ」もありました。

でも、その「二度の失敗」もふくめ、コムちゃんが頑張ってくれたら
コムちゃんは、

「人生、2度も三度もバカやっちゃうけど、それでも再生できるのかもしれない」

と、思わせてくれるミューズになれるかも知れない。


むしろ、私がカノジョに気がついてほしいのはそこ。


「あなたはそういう踊り子になるべき人」

もし、カノジョがそうなれれば、
私が、これまた別の記事で書いた

「一条さゆり的なもの」

・・・に、なれる可能性があるかもしれないと思うんです・・・。

一条さんは現役時代は「菩薩のようだ」といわれていた舞姫です。
お客の人生相談にまでのったりしてたそうです。
でも、踊りは下手だったようです。デタラメな日舞をしていたそうです。
でも「本気で濡れる」オナニーショーは神々しかったと伝えられてます。
だから、多くの人に愛されて「さゆリスト」と呼ばれるファン達がいました。
お客との接し方が、とても人間味にあふれていた人のようです。

でも、嘘だらけの、あまりにドラマじみた
出来すぎの「悲しい悲運な人生物語」を語り
それを売りにしていたようです・・・。
実は「常に濡れたオナニーショー」にも、”とあるカラクリ”がありました。

そして、引退興行でガサ入れにあい逮捕。
最終的に最高裁まで行ってしまいました。
一条さんの逮捕は”みせしめ”だったと言われています。

そして、引退後も「一条さゆり」の名前は、散々利用されました。
最後は、大阪の西成で落ちぶれて死んでしまいました。

一条さんは人生の再生が出来なかった人だけど、
なんども懲りずに失敗し、バカをして落ちるだけ落ちた人だけど・・・
男性関係も荒れてて、しょっちゅう殴られてたらしいけど・・・
逆に男性を利用して破滅に追い込んだ事もある人だけど・・・
黒い噂もあったようだけど・・・

もしも、一条さんが人生再生に成功していたら・・・
それだけで、多くの人を励ませてたかもしれない・・・
 
「やりなおせるんだ」・・・と。




Ohmataイラスト・文章(転載禁止) 

当サイト「一条さゆり追悼 そして加藤詩子様へ」より




関連記事
一条さゆり 追悼 そして加藤詩子様へ 

 特別編 アウトブレイク




そう思うと、

もし、コムちゃん!あなたが見事、大再生すれば、あなたは


「人生が再生できた、”一条さゆり的なもの”」


・・・に、なれると思うんです。


ローソクプレイをやれとか、そういうんじゃないですよ。
(一条さゆりの得意芸だった。)

”名前を引き継げ”とかでもないんです。


一条さんのような「菩薩」とまでならんでもいい。


でも、芸能界の修羅場を潜り抜けてきた姐さんなんだから・・・


あなたは一条さんのパターンを逆方向から行く
そういうものになれると思うんです。


私は、あなたがいつかそうなると信じたい・・・。


私は今回、コムちゃんが見せてくれた
「これじゃダメだ」な表情に期待したい。

遅れてきた「新人」でもいい。

「落ちぶれた女」という世間のあなたへのイメージを、
盆上で跳ね飛ばして魅せてください!

そう!本当に再生した
”新”小向美奈子を魅せてほしい!

あなたのコレまでの人生を詰め込んだような
そんな、濃厚で熱い舞台を見せてください!


あなたなら、出来る!


そして、ロック座にも、コムちゃんの

「あたし」・・・または「あたい」

・・・が出るような
スタイルを一緒に模索してあげてほしい。

過去、ロック座の踊り子さんの中にも
「あたしのスタイル」を確立して
大人気になったり、カリスマ的になった人もいるのでは?
例えば「無表情」でおなじみの(実際には笑う事もあるけど)
灘ジュン姐さんとかも「あたし」を確立してる人だと思うんです。
それは往年のジプシーローズや朱雀さぎりさんのような・・・。

 伝説の劇場「日劇ミュージックホール」失われた大劇場と現代のストリップ


あたしゃね、コムちゃん・・・

今から、ん十年後
「いつ見ても波乱万丈」みたいな”伝記番組”で
あなたが特集されて

「小向美奈子は、最初、ストリップファンに評判が
悪かった・・・しかし!」

・・・ってのを楽しみにしてるんですよ!


だから、コムちゃん!とにかく踏ん張ってください!
なんとか頑張って続けてください!
本当にどうか頼みます!   


Ohmataイラスト・文章(転載禁止)   Ohmata写真(転載禁止)

無い無いと言われていたコムちゃんへのスタンド花。楽日にはありました。
おなじみの「歩く18禁」ですね。(微笑み)
撮影2012年12月31日



ちなみに
この公演当時、ロック座のHPに載せられていたフラッシュ広告?の
コピーは
「今年も残すトコロあとわずか。
Merry Christmas!」
コムちゃんが画面下からニュ~と現れて小雪が降る。
みたいな感じでしたね。



参考動画YOUTUBEより
最近公開された、イベント上演の予告編。
この中に「一条さゆり」本人がチラリと出てます。

もちろん、私はこの一条さんが出てる映画「濡れた欲情」を観てますが・・・
のも結構観てるなぁ・・・
ちなみに「濡れた欲情」は相当な映画マニアでないと内容が難しくて
さっぱり面白くない映画かも・・・(苦)

動画に問題あれば削除します



当サイトは「篠崎ひめの香盤表」完結後
「一条さゆり・人生の華」(ネーム)を全話、
公開を計画しています。






参考動画YOUTUBEより
MISS CABARETTA 10.12.11 @ LIQUID LOFT TOKYO
ミス・キャバレッタ姐さんのステージ。
パンツを脱がない?ストリップ”バーレスク”です。
(厳密にはパンツは脱いでるんだけど。よく見てみよう(笑))
まあ、私も貧乏で観に行った事ないので、(東京のバーレスクは入場料が高い!)
あんまり言えないのですが・・・。バーレスクは日本にもあるってことで・・・。
案外、コムちゃんはこんな感じのセクシーさを極めるのもいいかと思うぞいっ!

注目は女性客の多さですね。 「かわいい~」とか言われてます。


 動画に問題あれば削除します。

 関連記事
幕間2  幕間2(海外バーレスク・ポールダンス動画) 
こちらにも、キャバレッタ姐さんが出てくるYOKOHAMA TEASEの動画あり。
全て YOUTUBEより。
(海外からの投稿のものもアリ。ご了承の上、再生ください)
 




小向コムちゃんの興行について、
この先輩サイトの言葉が
鑑賞のヒントになるかもしれない。 
さすが先輩!深いです!↓

舞姫辞典
舞太郎のひとり言(1997年)浅草ロック座について思うこと
http://homepage3.nifty.com/maihime/maitarou/essay1997/a/a80729.html



  単に私が好きな曲
YOUTUBEより 

 TOM WAITS 
グレープフルーツムーン
 
 GRAPEFRUIT MOON


最初の「お月さん」つながりで、あえて洋楽から・・・
動画に問題あれば削除します




当記事UP日2012・12/17



最後に上記の重~い文章と
全然関係ない事なんですけど・・・(苦笑)
ロック座に提案があります。、

HPサイト上とかで、
ロック座の歴史などにもふれる「ヒストリーオブロック座」等が
あってもいいかもしれませんね。

それこそ会長と関係者(やはり仙葉さん?)との対談とかいいかも?
「ロック座のストリップとは?」みたいなテーマで。 

そういうのがあれば、より、新規のお客会得のきっかけにも
なるかもしれないし  

ロック座はもう少し威厳を出すべきだと思いますよ!
 

同じ六区でお隣の東洋館さん(旧フランス座)のHPには
「成り立ちと歴史」というページがあるじゃないですか。

東洋館(浅草)HP
http://www.asakusatoyokan.com/information/
なぜか、こっちにロック座楽屋での
永井荷風先生の写真があるしっ! 

関連記事(フランス座)

ドキュメンタリー


 (作例?)

Ohmata写真・文章(転載禁止)  
(上の画像は当サイト掲載記事の画像をいじった)

 ★勝山基弘という人が写真集「浅草ロック座昭和末年」 (美術出版社)
・・・という本を出した事はあった。
 





あ、威厳と言えば。
例えば、公演開始前に浅草ロック座のオリジナルショートBGMを作って
それに合わせて劇場ロゴが出たりしたら、「おおっ!」と思うかも。
なんかバブリーな提案の気もしますが(笑)

参考動画YOUTUBEより

動画に問題あれば削除します。


参考動画YOUTUBEより
「浅草遊覧」


動画に問題あれば削除します。  
 
「さうだなァ浅草のロック座がいいだろう・・・。もしもし携帯は困ります。
 ばかに早く休憩時間が終ったぞ。おいおい香盤表を一枚おくれ。
 手足をフリフリ踊りだす。大勢並んで踊りだす。少しも休まずハイハイハイ!」 

余談=歌の出だしは「ちょいと春ちゃん」・・・みたいですね。  
     ラストで「春子や、なんとかしておくれ」と、言ってみたいだし。

歌の中で”鳩ぽっぽにまめ食わしょ”というとこがあるでしょ?
実は童謡「鳩ぽっぽ」の歌詞の著作権は2019年まで存続してるそうです。



 参考動画YOUTUBEより 「浅草行進曲」

動画に問題あれば削除します




ただ、忘れてほしくないのは「浅草下町情緒」「大衆娯楽感覚」。
けしてお高くはとまらない姿勢ですね。




もひとつ生意気に提案(苦)

中休みの「マナー動画」の始り方も、このくらいドカーンと出ても
いいかもしれませんよ。品はないけど(苦笑) 

て、言うか、中休みじゃ遅い気がするのですが・・・。


Ohmata文章(転載禁止)
もう、よかったら、無償でこれ使っていただいてもいいくらい。え?いらない?しょぼ~ん。



まあ、素人アイデアですから真に受けないでください(苦笑)

あ、あと個人的なお願いです!
るり姐さんの動画は永遠に消さんといてー!



当サイトのイラストは基本、
記憶で描いているので実は正確ではありません。 
 


  Ohmata イラスト(転載禁止)



普段はあまり直リンクはしない方針なんだけど、今回はしてますね。私・・・


で、ちょいと、今回の記事とは関係ないんだけど、
凄く感動したのがこちら。
なんか、泣けた!

ひめちゃんもいつか、こんな事を
つぶやく日が来るかもなぁ・・・。

まさに、

たかがストリップ、されどストリップ
人あらばドラマあり。

ですね・・・。

舞太郎のひとり言(1997年) 音楽
(他のサイトを見るのは、あくまでも御自身の自主判断で
 お願いします。)

http://homepage3.nifty.com/maihime/maitarou/essay1997/a/a90824-2.html



ちなみに私の「大股戒次郎の独り言」は
偶然、同じようなタイトルになっただけです(汗)

いや、本当です。信じてください(汗汗)


超余談

大阪の十三に「十三ロック座」という店名の立ち飲み?の店が
あるらしい。(笑)
もちろん浅草ロック座とは関係ない・・・ハズ。 (苦笑)
いやあ、十三は好きな町だけど、知らんかったなぁ。
ある意味、十三らしいなぁ~(笑)
まあ、ほらロック座も細けぇこと言わないでさ・・・(苦笑)
噂では北海道にも、ロック座って店名のバーがあるとか
ないとか・・・。 ただし、そっちは音楽のロックがコンセプトらしく
店内にはレコードやらなにやらがたくさんあるとか・・・
食べログ 大阪
(他のサイトを見るのは、あくまでも御自身の自主判断で
 お願いします。) 

http://tabelog.com/osaka/A2703/A270302/27015294/dtlrvwlst/1093249/1905236/





ストリップ初心者向けサイト「女神達の香盤表」ページTOP
に戻る。






Ohmataイラスト・文章(転載禁止)


ひめ記事遅れててすいません!



FC2のスポンサーリンクは、自動的に表示されて
しまうものです。当サイトの管理者の
意思とは関係なく、やもうえずあるだけであり、
当ブログサイト管理者が薦めるものではありません。







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2012/08/26(日) 08:21:49|
  2. ストリップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。